【決算解説】RIZAPグループ 2020年3月期決算|構造改革が大きく進捗

業界注目のRIZAPグループの2020年3月期決算が発表された。2019年3月期に計上した200億円を超える赤字によって、同社のガバナンスやM&Aで取得した企業の再生手腕に対して市場から疑問の声が上がった。それを受けて同社は「構造改革」を宣言、瀬戸社長が自身の進退をかけて推進するとインタビューに答えるなど一時は物々しい雰囲気が流れた。

一方、新型コロナウイルス感染拡大による店舗休業、外出自粛、インバウンド需要の急減と同社に関わらず苦難の市場環境ではあるが、パーソナルジムの覇者はこの事態にどう立ち向かうのか、足元の状況はどうなっているのか、詳細を見ていきたい。本稿ではポイントとなるスライドをピックアップ、トピック毎に順番を入れ替え解説する。

・・・

RIZAPグループ全体の決算内容:構造改革が順調に進捗しQ3までは黒字推移

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

まず決算ハイライトだが、2020年3月期の決算は、売上収益2,029億円、営業利益▲7億円となった。2020年3月期は元々32億円の営業利益を計画していたが、新型コロナ感染拡大の影響等によって赤字着地となった。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

同社は国際会計基準(IFRS)による会計処理を行っているため、IFRSの営業利益は日本会計基準(J-GAAP)の「税引前当期純利益」に近い(イメージ)という認識を持ってご覧頂きたい。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

PLの詳細だが、売上は前期比3.7%減の2,029億円、売上原価 前期比2.4%減の1,118億円、販管費 前期比10.1%減の870億円となっている。特筆すべき点としては「販管費」98億円の削減。構造改革の進捗をかなり感じられる水準と見ることができるだろう。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

売上に関しては、構造改革の一貫である不採算店舗閉店による減収に加え、Q3Q4で発生した外部要因による部分が大きく減収決算となっているが、新型コロナウイルス感染拡大がもし無かったとすれば増収の可能性は十分にあった内容だ。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

営業利益については、販管費の削減や赤字子会社の売却などコスト削減を進めるも、新型コロナによる店舗や在庫等の固定資産評価を見直した結果 59億円の減損が発生し赤字決算となっているが、前期比では76億円の増収効果を生み出しており、これも同様に新型コロナが無ければ、前期比で増収増益(黒字化)が達成できていたと推測される。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

2020年3月期の各四半期の計画対比のスライドを見ると一目瞭然で、第3四半期までは当初計画を大幅に上回る営業利益の推移を辿っていた。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

グループ企業の内、上場子会社の営業利益は前期比で64.4億円改善し、合計でも19.5億円の黒字となった。非上場子会社の営業利益合計は1.2億円の赤字となっているが、前期比では6.9億円の増収を達成しており、赤字子会社や事業の売却戦略の効果が表れていると見ることができる。

・・・

RIZAPグループ財務内容:IFRS第16号「リース債務」の取り扱いに注意

ここからはグループの財務内容のパートとなるが、少し数字の認識に注意が必要だ。同社は先述した通り国際会計基準(IFRS)による会計処理を行っているが、IFRS 第16号と呼ばれる「リース」の取り扱いがここでのポイントとなる。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

詳細な説明は割愛するが、ポイントとしては「賃借料」といったテナントのリースに関して「使用権資産」とその対価として「リース負債」という支払い義務がバランスシートに計上されることになる。また支払いの一部は「支払利息」として計上されこれは「金融費用」となるため、営業利益(営業CF)が増加する効果が発生する。

つまり販管費における「賃借料」のかなりの部分が「リース負債」の返済としてBS上の処理となるため、日本会計基準に比べ、営業利益・営業CFが大幅に改善(大きく計上)されることになる。RIZAPやワンダーコーポレーションなどのようにテナントを賃借し小売やサービス提供する業態にとっては、PLと営業CFの見え方にかなり恩恵を受ける内容であるため注意頂きたい。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

RIZAPグループの連結財務諸表だが、現金同等物は270億円有しているが、前期比で約152億円の減少、純資産は336億円と前期比211億円の減少、IFRS16号の影響を除いても78億円の減少となっている。有利子負債の期末残高はIFRS16号の影響を除くと130億円の減少(返済)し498億円となった。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

キャッシュ・フローの状況は、営業CFが前期▲104億円から今期139億円のプラスとなっている。但し、ここでIFRS16号の影響が出てくる。瀬戸社長は説明として「IFRS16号の影響を除いても130億円の改善が見られている」と述べているため日本会計基準ベースでは30億円程度の黒字と認識してよいだろう。逆に財務CFはIFRS16号の影響を考えると150億円程度圧縮されるため、借入金と社債返済分の130億円が日本会計基準ベースでは財務CFのマイナスとなる。

・・・

中核のボディメイク事業「RIZAP」は新型コロナの影響を大きく受けるも回復基調

RIZAPグループは、RIZAPをはじめとしてジーンズメイト、イデアインターナショナル、ワンダーコーポレーションなど店舗型の事業が多く、新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けている。

5月6日時点でグループ全体の7割が休業し、RIZAPに関しては100%の休業率となっている。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

こうした環境下においてRIZAP関連事業の売上高は前期比3%減の401億円となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入会数は4月は昨対11%、5月は昨対6%にまで落ち込んでいる。累計会員数は前期1.7万人増の14.7万人と増加ペースに大きくブレーキがかかった。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

しかし、緊急事態宣言解除後からは緩やかな「V字」を描いている。カウンセリング予約の後に入会するためセッション開始までは1週間〜2週間を要するため、新規入会の昨対比の回復はこのタイムラグがあるものの、カウンセリング予約件数は2月の水準まで戻ってきており、全体としては70%程度回復している。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

良いトピックとしては、スタッフの取り組みにより、退会数は例年並みに留まり、顧客紹介数は前年超という結果になった。RIZAPは「いつでも全額返金」できるプログラムを実施しているため、解約リスクが有事に発生する可能性をはらんでいるが、スタッフ/トレーナーが現場で必死に会員サポートを行ったことで防ぐことができた。

出店に関してはRIZAPは増減無く、EXPAをメインに出店し期末では198店舗となった。RIZAPについては、不採算店舗の退店や新規出店による純増0なのか否かについては、瀬戸社長のコメントは無かった。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

RIZAPのオンラインセッションは会員の4割が利用。またスポーツジムでは初めてとなる全ての会員も対象とした抗体検査を実施。対象会員はRIZAP以外のエクスパ等の他業態も対象。法人向けにもEラーニングを実施。これはコロナ後にも転用できる取り組みとして見ることができる。

・・・

RIZAP以外の事業セグメント状況:非対面事業と高収益業態が改革を牽引

  • 美容・ヘルスケアセグメント:RIZAP、MRKホールディングス、ジャパンギャルズ、健康コーポレーション、湘南ベルマーレ、一新時計等
  • ライフスタイルセグメント:夢展望、イデア、ジーンズメイト、堀田丸正、シカタ等
  • プラットフォームセグメント:ワンダーコーポレーション、サンケイリビング新聞社、RIZAPイベントスメント等
RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

セグメントを見ると、RIZAP含む美容・ヘルスケアセグメントは損益マイナスではあるが、プラットフォームが大幅に改善しグループ全社の回復の原動力となっている。各社の中でも際立ったトピックのある2社をピックアップする。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

まず1社目はアンティローザだ。コロナ禍において売上を2倍に伸ばした。EC比率は80%超と、RIZAPグループにおける非対面事業の代表格となりつつある。詳細は不明だが、夢展望再建のノウハウなどが活きているのではと推測される。

RIZAPグループ株式会社 2020年3月期 決算説明会資料

2社目はワンダーコーポレーション。前期の店舗減損による収益の押上効果が表れているとはいえ、大幅な増収を達成している。報道でも目にする機会の増えたトレーディングカード専門店や、LIVE型事業の推進によって収益率が大幅に改善している。新型コロナウイルス感染拡大の影響を強く受けた1社ではあるが、素晴らしい業績と言えるだろう。

・・・

瀬戸社長:コロナ危機を更に強い企業になる糧とする

第3四半期までは計画を上回る水準で業績が推移し、構造改革を進めてきた同社だが、第4四半期の外部環境によって赤字決算となってしまった。並々ならぬ意欲で取り組んできた瀬戸社長が最も悔しく感じていることと思う。

YouTube:RIZAPグループ 2020年3月期 通期 決算説明会

「私自身、創業者として、トップとして、こういった時期だからこそ覚悟を決めてここを乗り越え、そしてコロナがどこまで続くか見通せないが、明けたときには強い強い会社として生まれ変わって成長していくと。必ず実現するために今回多くの反省も踏まえながら必ず飛躍できるように、覚悟をもって向き合って乗り越えていきたい」という瀬戸社長の力強い所信表明でオンライン説明会は締めくくられた。

RIZAPグループに限らず厳しい市場環境ではあるが、同社の構造改革と会員への対応など今後の期待が持てる内容だったと言えるだろう。

・・・

RIZAPグループ決算説明会資料
YouTube:2020年3月期 通期 決算説明会

FOLLOW US
BEHIND THE FITNESSの最新情報を受け取れます

FOLLOW US

BTFの最新情報をチェック



関連記事