「オール・オア・ナッシング」はビジネスマン必見の番組、新シリーズ「トッテナム・ホットスパー」も配信開始

https://www.tottenhamhotspur.com/teams/first-team/players/

スポーツドキュメンタリー番組の「ALL OR NOTHING(オール・オア・ナッシング)」をご存知だろうか。オール・オア・ナッシングは、Amazon prime videoで配信されているアマゾンオリジナル番組だ。既に9シリーズが放送されており、人気番組となっている。

オール・オア・ナッシングは、アメリカンフットボールやサッカー、ラグビーなどの競技で世界トップリーグに所属するチームや、ナショナルチームにシーズンを通して密着、チーム経営やミーティング、トレーニング風景、ロッカールーム、選手の私生活に至るまで密着し、スポーツビジネスの裏側を深く見ていくことができる。

当初オール・オア・ナッシングは、アマゾンとNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)が提供するスポーツドキュメンタリーとして提供されていたが、5シリーズ目でラグビーニュージーランド代表「オールブラックス」に密着、6シリーズ目にはイングランド サッカープレミアリーグ所属の「マンチェスター・シティ」に密着し、徐々にジャンルを展開している。

ただの「スポーツドキュメンタリー」ではない、オール・オア・ナッシングの魅力

最近はプロスポーツチームのソーシャルメディア戦略も強化されており、チーム公式アカウントでもロッカールームの様子や契約時など試合以外の部分を垣間見ることが容易になっている。

しかし、サッカーで言えばチャンピオンズリーグなどの重要な試合、リードされて折り返したハーフタイムで監督が選手に何を言い、戦術の修正を解説するシーンなど、核心に迫るシーンが収録されることは滅多に無い。

リヴァプール公式アカウントの動画シリーズ「Inside Anfield」
Anfield(アンフィールド)はリヴァプールホームスタジアムの名称

オール・オア・ナッシングは、その全てに密着しており、それこそホームグラウンドで働くスタッフの経歴や、スタッフと選手の関係性にまでフォーカスして番組が制作されている。知られざるトップチームの実態が明らかになる。

世界有数のトップチームがどのように経営され、それを支える現場スタッフがどう動き、選手はプレッシャーにどのように立ち向かうのか、クラブのトレーニング施設の様子、監督のマネジメント力と選手起用、そして移籍の裏側など、単純なスポーツドキュメンタリーではなく、一流の監督やクラブチーム経営から学べることが多く、読者が日頃直面している事業やマネジメントにおいても示唆に富む内容となっている。

例えば、監督を補佐する分析官が次の対戦相手に警笛を鳴らすデータを上げてきた、そして選手は故障者が続出し万全の状況ではない、さらには試合中に故障者が更に出てしまう。故障者を埋める移籍も見込めない。そのような状況において選手をモチベートし意思決定し結果を出さなければならない。ヒト・モノ・カネをどうコントロールし結果を出すのか、まさに経営/マネジメントそのものだ。

フィットネス業界的な視点でいえば、オール・オア・ナッシングはスポーツを題材にしているため、トレーニングや食事、メディカルシーンが豊富で、世界一流の選手たちを支えるフィジカルサポートでの学びは当然多い。また、選手を顧客と見立てれば、選手が試合でパフォーマンスを発揮するためにスタッフが行う仕事や設備は、店舗経営にも学びが多いはずだ。

2020年8月31日、待望の新シリーズ「トッテナム・ホットスパー」編スタート

そして2020年8月31日、オール・オア・ナッシング待望の新シリーズが配信される。6シリーズ目にフォーカスされたマンチェスター・シティと同じプレミアリーグに所属する「トッテナム・ホットスパー」編だ。

サッカー界ではオール・オア・ナッシング「マンチェスター・シティ」編の人気を受け、次のチームはどこか議論が巻き起こった。2018年時点での報道によると、プレミアリーグ所属の強豪リヴァプールがオール・オア・ナッシングの密着を断り、ドイツ ブンデスリーガ所属の強豪バイエルン・ミュンヘンにアプローチしていると見られていたが、決まったのは「トッテナム・ホットスパー」だった。

トッテナム・ホットスパーはロンドン北部をホームとし、イングランド代表FWハリー・ケインや、韓国代表FWソン・フンミンを要する名門チームだ。オール・オア・ナッシングの「トッテナム・ホットスパー」編は、同チームの2019/20シリーズに密着している。

2019/20はトッテナム・ホットスパーにとって良いシーズンではなかったかもしれない。新型コロナウイルスの影響もあったし、プレミアリーグは6位でシーズン終了、チャンピオンズリーグはベスト16で敗退した。

では今シリーズの見どころはどこにあるのだろうか。

悩める指揮官(経営者)と、問題を抱えたエース(社員)

オール・オア・ナッシングで最もフォーカスされるのは「監督」だ。企業でいう経営者であり、チームを司る指揮官の苦悩や葛藤、チームや競技に対する哲学がこのシリーズの中心であり醍醐味でもある。

トッテナム・ホットスパー編が期待されている理由にこの「監督」がある。同クラブは2019年末にそれまで監督だったマウリシオ・ポチェッティーノをシーズン半ばに解任、ジョゼ・モウリーニョを後任監督とした。

モウリーニョはインテル、チェルシー、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブ監督を歴任し結果を出してきた名将だ。反面「バスを停める」と評される極端に守備的な戦術や、記者会見での発言が物議を醸すことも多く、選手との確執が取り沙汰されることも少なくなかった。そのため、モウリーニョのトッテナム・ホットスパー監督就任は大きな話題となった。

また、シーズンを通してこれまで物議を醸す人物像だったモウリーニョ監督が、穏やかになった、自信を喪失しているのではないか、といった報道も相次ぎ、実像に興味が集まっているのも一因としてある。

もう1つ注目を集める要因は、トッテナム・ホットスパーのFW、韓国代表FWでもあるソン・フンミンだ。ソン・フンミンはこのシーズンでアジア人として初のプレミアリーグで10ゴール10アシストを記録、プレミアリーグ通算ゴール記録でもアジア人記録を樹立している。バロンドール候補30人にノミネートされ、アジアでは最も時価総額が高い選手とされている同選手、2019/20シーズンはヨーロッパサッカー界でも話題になり続けた選手だった。今回のオール・オア・ナッシングでも中心的に描かれる選手ではないかと噂されている。

しかしソン・フンミンはプレーの素晴らしさに注目が集まる一方で、試合中のラフプレーや、相手に深刻な怪我を与えるプレーなどで議論が巻き起こり、ソン・フンミン自身がそれをどう捉えているのかも含め注目が集まっている。該当のプレーに関してオール・オア・ナッシングの予告編で本人が「あれのどこがレッドなんだ!教えてくれ!」と叫んでいることから、議論が再燃していることもある。

さらに、ソン・フンミンやハリー・ケインなどチームのエースである主力選手の怪我など、戦力的にもチームの状態が不十分になってしまったことも挙げられる。こうした状況を受け2019/20シーズン前の移籍市場でトッテナム・ホットスパーが放出した選手について疑問視(放出しなければと)する声も上がったシーズンとだったことも注目の要因として大きい。

これはトッテナム・ホットスパーに限らない話ではあるが、新型コロナウイルス感染拡大によるリーグの中断や無観客試合、ソン・フンミンが韓国とイギリスを往来する中での自主隔離といった特殊なイベントなど、否が応でも注目が集まる。

監督を経営者、選手を社員と見立てれば、一般的な会社でもこうしたことは多々あるだろう。ヒト・モノ・カネが十分ではないにも限らず、目の前の市場では競合と熾烈な戦いをしなければならない。このような状況において、一流と呼ばれる経営者(監督)が何を考え、伝え、社員(選手)をモチベートするのか。そして社員(選手)は何を思い、どう事態に立ち向かい克服していくのか、私達に示唆を与えてくれるのではと期待せざるを得ない。

もっとも、ヨーロッパのサッカービジネスは巨大市場であり、トッテナム・ホットスパーの売上高は2017/18シーズンの売上高は約550億円、2018/19シーズンの純利益は150億円とも言われている。このシーズンの純利益はサッカークラブが記録した純利益では世界1位となっている。数年前にメルカリが買収した鹿島アントラーズの売上高67億円と比べると、いかに巨大か分かる。オール・オア・ナッシングによって世界有数のスポーツビジネスのダイナミズムを感じることができるのも魅力の1つだ。

オール・オア・ナッシング「トッテナム・ホットスパー」編の視聴はこちらから

オール・オア・ナッシングのシリーズ一覧

#タイトル(以下Amazonページリンク)
1アリゾナ・カーディナルスの挑戦
2ロサンゼルス・ラムズの軌跡
3ミシガン・ウルヴァリンズの試練
4ダラス・カウボーイズの葛藤
5ニュージーランド オールブラックスの変革
6マンチェスター・シティの進化
7カロライナ・パンサーズの野望
8サッカー ブラジル代表の復活
9フィラデルフィア・イーグルスの逆襲
NEWトッテナム・ホットスパー


関連記事