フィットネス経営の総合サイト

FITNESS SALONの「応募数・求職者の質・採用率」が高い理由

Photo by Brooke Cagle on Unsplash

パーソナルトレーナーの求人サイト「FITNESS SALON」に注目が集まっている。利用企業に使い勝手を聞くと「応募数・求職者の質・採用率の高さ」どれにおいても高い評価が返ってくる。実際の利用企業で、複数店舗を展開するパーソナルトレーニングジムの人事担当役員は「既に応募者の85%がFITNESS SALONになっている」と話す。

今回このパーソナルトレーナー求人サイトFITNESS SALONが「プライベートオファー機能の無制限利用・ゼロ円キャンペーン」をBEHIND THE FITNESSの読者限定で実施する。

そこで、FITNESS SALONがなぜこれほどの評価を集めるのか、FITNESS SALONの機能面・運営面から探った。FITNESS SALONは通常の求人サイトと違い泥臭く「誠実な求人サイト」と言わしめる特徴を有している点にご注目頂きたい。

特徴1:応募のハードルを設定し質の高い応募と質の高いマッチングを実現

パーソナルジムの経営者に取材していてよく聞くのが、大手求人サイト経由は応募数は多いが連絡がつながらないことが多いなど「応募の質」に関する悩みだ。FITNESS SALONを実際に利用しているパーソナルジムに取材したところ「大手の求人サイトと比較して明らかに応募や求職者の質が高い」という回答を得た。

FITNESS SALONは応募前の情報登録のハードルによって「雑な応募」を排除し、応募とマッチングの質を担保している

この理由として、FITNESS SALONで求職者が応募するためには、会員登録やプロフィール登録など一定の情報入力を行わないと「応募ができない」というハードルの設定がある。大手求人サイトでは会員登録の手軽さによって応募のハードルを著しく低くしていることが多い。そのため時給や勤務条件だけを見て複数の企業へ一括応募するといった「雑な応募」が多いため、前述した悩みが発生する。

FITNESS SALONは求職者側に情報入力の熱意をこの登録によって求めることで質の高い応募を実現している。もちろんFITNESS SALONもLINEで会員登録ができるなど難易度を下げる機能は実装しているが、その後の情報入力というハードルを設定している。

求職者は基本的なプロフィールを入力した後に、勤務地や業態、契約形態などの「希望条件」を設定する。この希望条件にマッチした求人情報が週1回通知される。新着求人などは、求職者に対してここでアピールできるため、求人の掲載開始からすぐに応募をもらえる可能性が高くなる。

求職者はログインするとFITNESS SALON内での様々なステータスを確認できる

また「未経験者OK」などの条件を求人に立てる際に、FITNESS SALONでは「採用可能性」が低い(経験者を優先する)のであれば、極力「未経験者OK」のフラグは立てないように求人企業に依頼するなどの取り組みも行っている。その他、求人原稿の書き方マニュアルを無料で提供するなど、応募につながりマッチングの質を高める泥臭い取り組みを実施している。

特徴2:「気になる機能」など、業界No1サイトを作った実績のあるチームの「ノウハウ」が凝縮

FITNESS SALONを運営しているムジント社は、元々「医学部受験予備校情報」という熾烈な競争がある市場でNo1サイトを作ったチームが集まってできた会社だ。結果的にそのサイトは競合だった上場企業が買収するに至ったほどだ。

そのため、サイトの機能開発や集客など独自ノウハウがFITNESS SALONに凝縮されており、サービス開始わずかな期間でもボリュームのある会員数と応募が集まっている。

また「気になる」という機能からもFITNESS SALONチームの質の高さを垣間見ることができる。この「気になる」機能は、求職者は求人/求人企業へ・求人企業は求職者へ、双方向で付けることができる。

FITNESS SALONの「気になる」機能は、応募や面接につながるアクションを発生させる

この「気になる」という機能は「応募するかどうか迷うけど、気になる」という求人をブックマークする意味合いだけでなく、求職者からは「求人企業からプライベートオファーがくるかも」という後押しを求人企業へ期待する意思表示でもある。

求人企業から求職者へ付ける「気になる」は「プライベートオファーを送るかどうかは迷うレベルだけど、応募が来たら話してみたい」という意思表示にもなる。

この「応募するかどうか迷うけど…どうしよう」という迷いに対して、クッション的なステータスを設定することで、応募や採用につながる出会いのチャンスを多く生み出す仕組みとなっている。

特徴3:プライベートオファーを起点にした応募と採用のキッカケ

FITNESS SALONでは「プライベートオファー」という機能がある。これは求人企業から求職者へ個別メッセージを送ることができる機能だ。このプライベートオファーは採用の起点となることが多く、FITNESS SALONとしても是非活用してほしい機能とのことだ。

FITNESS SALONのプライベートオファー機能は、検索条件に合う人全員への「一括送信」を禁止している

プライベートオファーを送るタイミングは大きく2つあり、1つ目は、求人企業の管理画面から求職者を検索し個別にプライベートオファーを送るパターンだ。プライベートオファーは1通600円で送ることができる。但し、プライベートオファーでの注意点は、求人企業は検索結果に表示された条件に該当する求職者に対して一括でプライベートオファーを送ることはできない。

2つ目は求職者から求人に対して「気になる」をタップされると求人企業に通知される。この求職者に対してプライベートオファーを送ることができる。この場合はプライベートオファーを無料で送ることができる。

求人企業アカウントで求職者を検索する画面:検索結果では応募が来ていない求職者の名前は伏せられるため、求職者は身バレを心配する必要がない

プライベートオファー機能は、FITNESS SALONのビジネスモデルでも収益化のポイントとなる機能だが、一括送信ができなかったり、気になるステータスを付加してくれた求職者には無料でオファーが送れるなど、設計の妙を感じる。設計の理由についてFITNESS SALON新田社長に確認したところ下記の回答を得た。

「求人に『気になる』を付けてくれた求職者へのプライベートオファーが無料なのは、求職者がせっかく良いと思ってくれているのに、お金がかかるという理由で送らない、採用のチャンスを逸してしまうことを防ぎたいからです。

逆に一括でプライベートオファーを送れないようにしている点ですが、弊社としては一括送信できた方が収益的には良いのは確かです。ただ大手求人サイトで良くある体験として、オファーがきたから応募したのに、応募後すぐ書類で落とされたりすることがあります。これだと企業と求職者の双方にメリットがなく本末転倒かなと。

これを防ぐためには、DM感を出させないように、本当に口説きたい求職者がいたら、その方のご経歴などに沿った丁寧なプライベートオファーを出すことが重要です。メールでヘッドハンティングするイメージですね。この本気度が求職者にダイレクトに伝わり、「自分をしっかり見てくれる会社」だと感じてもらえると思うんです。だからあえて一括送信機能を実装していません。あくまでユーザー体験を優先し、求職者/求人企業どちらにも質の高い転職/採用体験を提供するためです。」

いかにFITNESS SALONが「誠実な姿勢」でパーソナルトレーナー求人サイトを開発・運営しているのかご理解頂けただろうか。もちろん、採用効率もプライベートオファーが起点になっている。

プライベートオファーの活用が応募数の底上げに直結している

上記画像の通り、プライベートオファーの数が応募率に直結しており、掲載期間の効果を最大化するためにも積極的にプライベートオファーを活用するのが有効に機能している。

実際の利用企業について営業担当の川崎取締役に聞いた

―― 実際のFITNESS SALON利用方法はどのような内容が多いのでしょうか。

1ヶ月の短期間からでも掲載が可能です。もちろん通年を通して掲載されている大手フィットネスクラブのご利用もあります。最近多いのは出店ペースに合わせて3ヶ月の掲載を年に2回するといった使い方や、求人はFITNESS SALONだけに絞っていただく企業も増えてきています。

―― まとめる求人企業が出てきたのは採用の実績が出ているということでしょうか。

そうですね、もちろん求人企業さんや求人条件によるのですが、例えば「東京 業務委託 パーソナルトレーナー」であれば、月に平均して20人以上は応募がきて、プライベートオファーを組み合わせると更に増えるイメージですね。

―― FITNESS SALONの利用料金はどう決まるのでしょうか。

ご利用料金は、掲載期間・求人数・店舗数などによって決定します。もちろん掲載期間が長ければその分単価も下がります。オプションもいくつかご用意していますが、メインとなるプライベートオファーの利用が今回BEHIND THE FITNESS読者の方には無料で提供させて頂きますので、かなりお得になっていると思います。

―― 採用時の成功報酬などはかかるのでしょうか。

一切かかりません!求人の掲載料金がベースとなります。ミニマム月4万円程度から、1ヶ月単位でご利用いただけますので、採用のコスパはかなり良いかと思います。

―― 求人の掲載まではどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

お問い合わせや商談などを頂いた後に管理画面を発行させていただくのですが、入稿シートさえ早く頂ければ、即日掲載を始めることができます。スピード感については最大限ご協力させて頂きます!

FOLLOW US
BEHIND THE FITNESSの最新情報を受け取れます

FOLLOW US

BTFの最新情報をチェック



関連記事