パーソナルジム「ELEMENT」200店舗のFC展開を見据え、全16店舗でhacomonoを導入

パーソナルジム「ELEMENT」は、現在運営する全16店舗で、株式会社hacomonoが展開する店舗運営のための顧客管理・予約・決済システム「hacomono(ハコモノ)」を導入したと発表した。

ELEMENTは、月額通い放題型のパーソナルトレーニングジムとして全国16店舗を展開。適切な運動習慣や食事習慣を指導しリバウンドをしないための体づくりを行う。直近では、パーソナルトレーニングの拡張として、通い放題のパーソナルマシンピラティスジム「ELEMENT 恵比寿・目黒店」をオープンするなど、新業態の開発も行っている。

今後、ELEMENTは全国200店舗のFC展開を計画しており、多店舗展開を目指す上でhacomonoを採用した理由を3つ挙げており「1つ目は店舗ごとの予約形態に合わせてカスタマイズできる柔軟性の高い機能群があること、2つ目はユーザー視点で設計された使いやすいUI/UXのサービスであること、3つ目は多店舗展開を目指すに適した最先端クラウド型のスケーラビリティが担保されていること、これら3点が導入の決め手となった」とコメントを寄せる。

【hacomono導入事例集】パーソナルジムやルネサンス、スポーツクラブNAS、ハイアルチなど9社の導入事例集がこちらのページから無料ダウンロードできます。

今回、顧客管理・予約・決済システムに「hacomono」を導入することで、ELEMENTの会員は好きな時間に入会・決済が完結し、24時間好きな店舗・時間に予約を取ることができる。UI/UXが特徴のhacomonoの機能により、スムーズに相互利用ができ、運動を習慣化する機会を損なうことなく会員のエンゲージメントを強化する。

レッスン予約形態は固定枠・自由選択枠と店舗ごとにカスタマイズが可能。店舗の運用フローに合わせたシステム基盤を実現できる。入会から決済、予約・キャンセルまでをお客様のスマホで完結させることによって、店舗スタッフは、接客やセッションに集中できる。

hacomonoは2019年3月にサービスをリリース。これまでに1,500店舗以上が導入している。コロナ禍で、店舗は人との接触を削減する必要が発生したことを受け、導入件数は前年比10倍以上のペースで増えている。初期費用は15万円(税別)から。月額利用料金は店舗数による割引が有り、1店舗あたり35,000円(税別)からとなっている。

【hacomono導入事例集】パーソナルジムやルネサンス、スポーツクラブNAS、ハイアルチなど9社の導入事例集がこちらのページから無料ダウンロードできます。


他のBTFオリジナル記事を探す