2022/08/25

低価格ジム「LifeFit」運営会社、投資家から1.2億円の資金調達を実施

フィットネスジム「LifeFit(ライフフィット)」を運営する株式会社LifeCoachは、XTech Ventures、THE SEED、W ventures、小泉文明氏(株式会社メルカリ取締役President 兼 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー代表取締役CEO)、佐渡島隆平氏(セーフィー株式会社 代表取締役社長CEO)を引受先とした第三者割当増資により、プレシリーズAラウンドにて総額1.2億円の資金調達を実施した。

株式会社LifeCoachは「1人でも多くの人の生活をスマートなフィットネス体験により、豊かにする」というミッション・ビジョンのもと、2022年2月に「LifeFit」をリリース。リリースから半年で、数千人以上のユーザーが利用している。

料金は、月額2,980円(税別)、都度利用1回500円(税別)、入会・休会・管理費等0円というリーズナブルな料金体系で、今までジムに通えなかった、または継続できなかった人でも気軽に利用できるジムを目指している。専用アプリで最短1分・24時間いつでもジムの利用開始が可能。

株式会社LifeCoachは、国内で低迷しているフィットネス参加率の底上げへの第一歩として、テクノロジーを駆使することにより、ユーザーには価格・手続きの負担なく、気軽に利用できるフィットネスジムを提供し、一方で低価格でも収益性は高く、運営コストは低い、継続性ある事業モデルのフィットネスジムを拡大していく必要があると考えた。

株式会社LifeCoach 代表取締役 加藤恵多氏

今回調達した資金は、事業拡大及びプロダクト開発、並びに今後の事業展開における人材採用に充当し、国内のフィットネスへの参加率向上をあらゆる角度から目指していく。

株式会社LifeCoachは「今後はジム内における体験のデジタル化にも着手し、スマートなフィットネスジムを追求していきます。」と述べている。

LifeFit
https://lifefit.tech/


他のBTFオリジナル記事を探す