LINE上で入会手続きが可能に、会費ペイがLINE公式アカウントと連携開始

会員管理・決済システムの「会費ペイ」は、LINE公式アカウントとの連携機能を開始する。今回の連携により会費ペイ導入企業はメールアドレスを取得せずにLINE上で入会申込や決済、その他コミュニケーションが可能となる。

具体的には、会費ペイと店舗のLINE公式アカウントを連携することで、顧客は入会時にLINE公式アカウントと友だちになり「入会申込」とメッセージを送るだけで、入会申込WEBフォームのURLが届く。そこから入会申込と初期費用決済を行うと、入会完了や決済完了といった通知が自動でLINEに届く仕様。

店舗が「会費ペイ」の管理画面から手動で一斉配信を行うことも可能で、イベントや大会の案内、臨時休校のお知らせなどにも活用できる。今後、LINEを起点にマイページや予約システムといった機能を開発、店舗-会員間のコミュニケーションをよりスムーズでストレスのないものにしていくとコメントしている。

会費ペイのお問い合わせは公式サイトから

会費ペイ公式ウェブサイト


他のBTFオリジナル記事を探す