2022/04/21

月額1,650円からの「PocketFitness」が資金調達、FC展開を見据え田中恭貴氏・日下考明氏が顧問就任

フィットネスクラブ「PocketFitness」を展開する株式会社NATUREFITNESS(高知県四万十市、代表者:澳本 伊吹)は、採用及びFC店舗拡大に伴いベンチャーキャピタルのANOBAKAより第三者割当増資による資金調達を実施。また資金調達に伴い顧問が就任した。

顧問には今後のFC展開を見据え、元ベンチャー・リンク社長の田中 恭貴氏、元TSUTAYA社長の日下 考明氏が就任。フランチャイズ領域の知見豊かな2名の顧問からのバックアップを受け、2026年までに250店舗展開を計画している。

PocketFitnessは「アプリ完結型従量課金フィットネスクラブ」と銘打つ新興のフィットネスクラブ。既存のオフライン店舗運営から専用アプリケーションを利用したOMO(online to ofline)による運営方式にし、既存業務の80%を自動化し、運営コストを大幅に下げることで、月会費1650円からの運営が可能となっている。

また会員の登録や決済情報をクラウドに保存することで、フィットネスマシンとのIOT連携や3DBODYSCANとの連携など認証も全てクラウドで完結。今まで体験できなかった新しいUXの体験を目指している。

PocketFitness
https://pocketfitness.jp/


他のBTFオリジナル記事を探す