2022/05/12

URBAN FIT24などを運営するアーバンフィット社をカナミックネットワークが2.58億円で買収

画像:アーバンフィット公式サイト

東証プライムに上場する株式会社カナミックネットワーク(証券コード3939)は、5月10日に開催された取締役会で、株式会社アーバンフィット(大阪市北区)の株式取得を決議したと発表した。これによりアーバンフィットはカナミックネットワーク社の連結子会社となる。株式取得日は5月20日を予定。

カナミックネットワーク社がアーバンフィット社の発行済株式4,000株を全て取得し100%子会社とする。取得価格は2.58億円。取得相手は、アーバンフィット代表取締役の内島永恭氏(75%保有)と専務取締役の豊田実氏(25%保有)の2名。

画像:株式会社カナミックネットワーク開示資料

アーバンフィット社は2015年11月創業、24時間営業型フィットネスクラブ「URBAN FIT24」を展開している。店舗数は大阪を中心に14店舗有しており、2022年・2023年で更に3店舗の出店が既に予定されている。既存14店舗の内訳は直営8店舗、FC6店舗、出店エリアでは大阪13店舗、兵庫1店舗だが、2022年に東京・千葉でFC店舗が1店舗ずつ出店予定となっており、2022年以降は全国展開を行う予定となっている。

株式会社アーバンフィット直近の業績推移
画像:株式会社カナミックネットワーク開示資料

開示資料によると、アーバンフィットの業績は、2019年9月期で売上高3.96億円、営業利益61百万円、当期純利益44百万円、2020年9月期は売上高3.99億円、営業利益37百万円、当期純利益32百万円、2021年9月期は売上高5.04億円、営業利益▲27百万円、当期純利益▲28百万円と直近は最終赤字に陥っているものの、出店により売上は増収を続けていた。

また総資産も2019年9月期から3.93億円→5.49億円→7.00億円と推移しており、純資産も2019年から68百万円→101百万円→72百万円と堅調な財務推移を歩んでいる。

カナミックネットワーク社は、介護・医療・子育て支援の法人・事業所向け経営支援クラウドサービスなどを展開している。2021年9月期の決算は、売上高20.8億円、営業利益8.4億円、経常利益8.3億円、当期純利益5.8億円となっている。

画像:株式会社カナミックネットワーク開示資料

本買収後、カナミックネットワーク社が有している中国でのシステム開発拠点のリソースをアーバンフィットのシステム開発やDXノウハウに投入するほか、アーバンフィットを健康寿命延伸事業のリアル店舗拠点としてグループに抱えることで、実際の店舗運営ノウハウなどをカナミックネットワーク社が提供するプラットフォームサービスに提供し、さらなる機能開発につなげるなど双方で事業シナジーを見込んでいる。

URBAN FIT24
https://urbanfit.jp/


他のBTFオリジナル記事を探す