2022/05/13

UNDERGROUND GYM、フリーウエイトゾーンなどを拡張しリニューアルオープン

有限会社ユニコルセ・エンジニアリングが運営する24時間営業フィットネス「アンダーグラウンドジム(大阪府)」が、新たにフリーウエイトゾーンを広げ、女性に人気のヒップトレーニングマシンを追加し、5月15日にリニューアルオープンする。

アンダーグラウンドジムは、打ちっ放しのコンクリート壁にマシンを融合させた、骨太でスタイリッシュなワークアウト空間で、ストレングスマシンは、TECHNOGYM(テクノジム)社の最高水準のマシンを採用。初心者から上級者まで、ウォームアップからクールダウンまで、体幹から可動性、パワーからスピードまで、35台の様々なストレングスマシンを揃えている。

有酸素マシンは、全てのマシンに液晶モニターを設置。SESSIONSというオンデマンドで、海外のトレーナによるセッションプログラムを受けることが可能。単調であった有酸素運動から、目的をもってワークアウトできるSESSIONSは、有酸素運動が嫌いな方にもおすすめできるプログラムとなっている。また、TV、Netflix、YouTubeも楽しめる。

プロテイン販売コーナーでは、「GOLD’S GYM」のプロテインやサプリメントを中心に販売。少しずつ購入できる個包装販売もしている。更衣室、トイレ、シャワーは完全な男女分室で、ロッカーは男子は38個、女子40個、シャワーブースは男子4台、女子3台を完備。ICカードによる入退出管理システムを導入し、24時間SECOMによるセキュリティで会員以外の入場を厳しくチェックする。

利用料金は、正会員メンバー月額7,700円(税込)、ビジターは1回あたり2,200円(税込)。正会員メンバーの入会時には、別途入会金2,200円(税込)、登録料3,300円(税込)が必要になる。また、無料駐車場が併設されており、地下10台、地上12台の合計22台を無料で駐められる。

アンダーグラウンドジムは、2021年12月にオープンした24時間型のフィットネスジムで、古い工場跡地を改装したヴィンテージ・インダストリアル・スタイル。大阪府箕面市にありながらも、まるで海外に来たような雰囲気が楽しめるフィットネスジムとなっている。

UNDERGROUND GYM
https://www.underground-gym.jp


他のBTFオリジナル記事を探す