2022/07/07

女性専用パーソナル「UNDEUX」医療法人と提携し、ミドル・シニア世代にパーソナルトレーニングを計画

左:フィットクルー代表 鹿島 紘樹氏、右:社会医療法人愛仁会 理事長 内藤 嘉之氏

女性専用パーソナルトレーニングジム「UNDEUX SUPERBODY」を運営する株式会社フィットクルーは、社会医療法人愛仁会と業務提携し、ヘルスケアの事業領域拡大を目指す。

フィットクルーは「フィットネスで社会を明るくする」という理念のもと、既存業態の女性専用トレーニングジムだけでなく、老若男女・国内外問わず、一人でも多くの方々が、末永く心身ともに健康な生活を送ることを目的とする。今後は、医療従事者のサポートを受けることによって、さまざまなフィットネス業態を出店していく。

提携後、初のサービスとしてミドル・シニア世代に向けたパーソナルトレーニング事業を予定。「10年前よりも輝く自分」をキャッチコピーに、30代後半〜70代の男女に向けて、より健康的で充実した日常を送ってもらえるよう、国際資格NSCAライセンスを所有するトレーナーが個別トレーニングを中心に生活習慣、食事改善を指導。

体型の改善のほか、腰痛・肩こりなどの慢性痛にもフォーカスするような指導ができることで、生活の質の改善が期待できる。サービスの提供開始は、2022年秋を予定している。

株式会社フィットクルー
https://www.fitcrew.co.jp


他のBTFオリジナル記事を探す