オンラインのフィットネス業界誌

2022年10月3日 業界ニュース

ルネサンス、学校の水泳授業受託を推進

株式会社ルネサンスは、小中学校における水泳授業の受託をさらに推進すると発表した。同社は2022年度だけで、千葉県千葉市、東京都葛飾区など、20の自治体より水泳授業を受託している。

全国的に学校のプールは、老朽化や維持管理に伴うコスト増加、教員の指導負担、猛暑や豪雨による授業回数の減少等によって、授業の継続が難しくなっている。そこで、民間スイミングスクールが水泳授業に協力することで、子どもの水泳学習や体力づくりへの貢献が期待されている。

こうした背景を受け、ルネサンスは学校に対して水泳授業受託における4プラン(①学校プールへの講師派遣、②プール施設の貸出、③プール施設の貸出及びインストラクターによる指導、④指導ノウハウの提供)を提供している。

ルネサンスの活動範囲は全国に広がっており、全国30校以上の水泳授業のサポート実績がある。学校水泳受託事業についての無料説明会も受け付けている。同社は、今後も子どもの体づくり、体力向上、部活動の地域移行など地域と連携した活動によって、子どもの教育環境の充実に向けた支援に取り組んでいきたいとしている。

株式会社ルネサンス水泳授業委託サイト
https://rena-bg.s-re.jp/schoolswim?utm_source=newsrelease&utm_medium=newscast