オンラインのフィットネス業界誌

2022年10月17日 業界ニュース

楽天、健康管理アプリ「楽天ヘルスケア」iOS版の提供を開始

楽天グループ株式会社は、ポイントを貯めながら健康管理ができるスマートフォンアプリ「楽天ヘルスケア」iOS版の提供を開始した。

楽天ヘルスケアは、ユーザーの健康寿命の延伸およびQOL(Quality of Life)の改善、医療費の適正化を目的とした無料の健康管理アプリ。今回「身体活動記録」と「健康づくりインセンティブ」の機能を搭載した。

身体活動記録には、歩数、消費カロリー、移動距離などのアクティビティデータと、体重や体脂肪率、体脂肪、BMIなどの身体測定値が含まれる。「iPhone」標準のヘルスケアアプリや「Apple Watch」をはじめとしたさまざまなウェアラブルデバイスを通じてデータを収集する。ユーザーは、過去の活動履歴や傾向をアプリ上にグラフで表示し、振り返ることが可能。今後は、食事や栄養のデータ、血糖値、血圧、心拍数といったバイタルデータなど記録できるデータを拡大していく。

健康づくりインセンティブは、身体活動記録に連動したインセンティブ機能。1日5,000歩が目標のデイリーチャレンジや、1日5,000歩を7日連続で達成するチャレンジなどのイベントを提供する。チャレンジイベントを達成すると「楽天ポイント」が当たる抽選に参加可能。抽選で当たるポイントが変化したり、イベントの難易度に応じて抽選の回数が増えたりするなど、ゲーム感覚で継続できるコンテンツを目指す。

また、キャンペーンページでエントリーをして「楽天ヘルスケア」のアプリをダウンロードし、11月1日の9時59分までに1日5,000歩を達成すれば、「楽天ポイント」100ポイントを付与するキャンペーンも実施する。

楽天ヘルスケアは将来的に、個人の身体記録、医療関連データ管理、処方せん医薬品受取のネット予約、オンライン服薬指導などのサービス拡大を目指す。現在iOS版のみの提供だが、今後はAndroid™版も提供する予定となっている。

楽天ヘルスケア
https://healthcare.rakuten.co.jp/