オンラインのフィットネス業界誌

Twitter Facebook
2024年6月10日 業界ニュース

SOMPOホールディングス RIZAPグループ社・RIZAP社の2社に約300億円を出資、chocoZAP事業の成長投資に充当

RIZAPグループ株式会社は、2024年6月7日にSOMPOホールディングス株式会社と資本業務提携契約を締結したと発表した。SOMPOホールディングスを割当先とした第三者割当増資の規模は総額300億円規模になる。

今回、第三者割当増資を実施するのは、RIZAPグループ株式会社と子会社のRIZAP株式会社の2社。SOMPOホールディングスは、RIZAPグループ株式会社に約99.59億円を出資し4.87%を保有する予定。またRIZAP株式会社に対しては200億円を出資し23%を保有する。調達した資金はいずれも「chocoZAP」関連事業に対する設備投資及び運転資金に充当する。

同社の開示資料によると、RIZAPグループはコンビニジム「chocoZAP」事業を本格展開させるため、前々期及び前期をchocoZAP事業への戦略的投資を集中する「先行投資期間」と位置付け、大規模な事業投資を実施してきた。結果として店舗数は1,500店舗以上、会員数100万人以上という結果となり、欧米とのフィットネス参加率格差解消に向けての第一歩「ジムのバリアフリー化」を実現したとしている。

今後、RIZAPグループが目指すchocoZAP の「健康の社会インフラ化」を実現するためには、新規出店・既存店舗を含めたサービスの充実、会員数の増加等の更なる成長が必要であり、そのためには、世界観を共有し強固な顧客基盤を有するパートナー企業と協働して chocoZAP 事業に取り組むことが最善の成長戦略であると認識し、資本業務提携先を検討していたという。

SOMPOホールディングスとRIZAPグループは、2018年11月に健康寿命延伸分野における業務提携を実施し、認知機能低下予防を目指すプログラム開発に取り組むなど、日本の健康長寿社会の実現に貢献すべく協働してきた実績がある。今後のchocoZAP事業の成長のためには、SOMPOホールディングスが有する強固な顧客基盤を始めとした経営リソースが必要不可欠であると考え、本資本業務提携に至った。

今回の資本業務提携を受け、SOMPOグループの国内約2,500万人の顧客基盤に向けたchocoZAPの利用促進等、RIZAP グループ会社の商品・サービスの浸透に向けた各種施策の実施、RIZAPグループの顧客層(約120万人のchocoZAP会員)へのSOMPOグループの商品・サービスの紹介・浸透に向けた各種施策の実施等を行っていく。

RIZAPグループ株式会社
https://www.rizapgroup.com/

SOMPOホールディングス株式会社
https://www.sompo-hd.com