2021/07/20

ミラー型デバイスに新たな参入 newn社「embuddy(エンバディ)」を発表

株式会社newnは自宅で本格的なフィットネスができる次世代のミラー型デバイス「embuddy(エンバディ)」を2021年秋より提供開始すると発表した。エンバディは、鏡とディスプレイが一体となったミラー型デバイスで、サービス開始時は筋トレ、姿勢・呼吸、ヨガ、ピラティス、整体、キックボクシングなどの7カテゴリーのコンテンツを提供する。

エンバディの価格は176,000円(税込)、初回販売50台のみ159,500円(税込)で販売する。コンテンツ料として5,480円/月(税込)がかかる料金プランとなっている。

ミラー型デバイスは米国で人気を博したビジネスモデルで、日本ではベンチャー企業による参入が相次いでいる。newn社は、これまで音声配信プラットフォームの「Stand.fm」を生み出し、現在はタレントの山賀琴子がプロデュースするジュリーブランド「ENELSIA(エネルシア)」などのブランド運営のほか、グループ会社には「Mr. CHEESECAKE」などがある。

FOLLOW US
BEHIND THE FITNESSの最新情報を受け取れます

FOLLOW US

BTFの最新情報をチェック


他のBTFオリジナル記事を探す