2022/01/07

シティホテルをジムに転換、13階建て・43の個室ジム「マジェスティ 御成門クラブ」が2/1オープン

マジェスティ 御成門クラブ

アミューズメント事業を全国に展開するNEXUSグループは会員制・完全個室型フイットネス&サウナ Majesty-onarimon club「マジェスティ 御成門クラブ」を2022年2月1日にオープンする。

マジェスティ御成門クラブはNEXUSグループが2021年8月末まで運営していた13階建て95室のシティホテルを全面改装し、24時間会員制個室フィットネス&サウナ施設としてリニューアルオープンさせるもの。イメージキャラクターには村雨 辰剛氏を起用。施設監修は東京2020のオリンピックで団体金メダル獲得した見延和靖選手が行っている。

2階から13階までのフロアには、テクノジム社の最上級マシンを完備したフイットネス専用個室43室と個室ロウリュウサウナ21室を設置。マシン操作やワークアウトなどの必要なガイドは、ルームモニターから提供される。施設利用は完全予約制。会員はスマホから自由にスケジューリングができ、個室空間において24時間、一人または家族や友人などと自由にトレーニングができる。

バイオサーキット、スチームサウナ、セルフエステなどの女性専用フロアや、フードやドリンクを提供するコーナーも設置する予定としている。入会金33,000円(税込)、事務手数料5,500円、月会費33,000円(税込)となっており、1室利用ごとに別途ルームチャージ代が発生する。

マジェスティ御成門クラブを今回オープンするNEXUS株式会社は群馬県に本社を置く。パチンコホール事業「D’STATION」を中心にフィットネスクラブ、フェンシングクラブ、飲食、温浴施設、インターネットカフェなどを運営しており、2021年6月期の売上高は2,475億円。

NEXUS株式会社公式サイト
https://nexus-group.jp/


他のBTFオリジナル記事を探す