2022/01/24

東急スポーツオアシス、企業向けワーケーションプログラムの販売を開始

東急スポーツオアシスは、東急リゾーツ&ステイ株式会社が運営する「ホテルハーヴェスト」と連携し、2つの企業向けワーケーションプログラムの販売を開始する。

1つ目のプログラムは「7つの習慣®Frontier」。ビジネス書「7つの習慣®」を研修プログラムとして体系化したものを、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の協力によりオアシスが再構築したオリジナルプログラムとなっている。チームビルディングやスタッフのマインド醸成を目的とし、さまざまな仕事の場面に置き換えながら学ぶ。

2つ目のプログラムは「ドリームマップ®」。将来のなりたい姿を写真や絵を使ってビジュアル化し、自己分析によって主体的に夢を実現するための行動を促すことを目的としている。また、個人とチーム内でそれぞれワークし、個人の主体性と応援し合えるチームの関係性を養う。

2つのプログラムは、静岡県のリゾートホテル「ホテルハーヴェスト伊東」「ホテルハーヴェスト浜名湖」、アウトドアプレイス「CAMPING OFFICE HAMANAKO」にて提供する。

企業の人事労務担当者向けには、ワーケーションのメリットを打ち出したホームページ「HARVEST Work Style」(ハーヴェスト ワークスタイル)を公開。ワーケーションのイメージを利用シーンごとに見ることができる。

ホームページ内では、WEB会議などに使用できる「ホテルハーヴェストのバーチャル背景」を配布。ワーケーション中に使用できるコミュニケーションツールとして提供している。

株式会社東急スポーツオアシス公式サイト
https://www.sportsoasis.co.jp/


他のBTFオリジナル記事を探す