2022/04/28

ZOZO、ボディーマネジメントサービス「ZOZOFIT」の提供を今夏より米国で開始

株式会社ZOZOは、3D計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT」を活用した、ワークアウトの進捗をサポートする新サービス、ボディーマネジメントサービス「ZOZOFIT」を発表した。

ZOZOFITは、ZOZOSUITの技術を活用したサービス化第一号で、今夏に米国でサービス提供の開始を予定している。サービス開始に先立ち、ZOZOFITの魅力を発信するアンバサダーの募集を米国にて4月27日(水)より開始した。

ZOZOFITは、ジムや自宅にいながら、3Dボディースキャンおよび計測データのトラッキングを可能にするサービス。ZOZOSUITを着用し、スーツ全体に施されたドットマーカーを、スマートフォン上のZOZOFITの専用アプリとカメラで360度撮影することで、高精度な体型計測が可能となる。計測した結果を元に、身体の3Dモデルを生成することで、ワークアウトの成果が可視化され、トレーニング強化が必要な部位の見極めなどにも役立てることができる。

通常、ZOZOFITと同等の高精度な3D身体スキャンを行うには、特殊な大型機械が必要で、導入にはコストやスペースも必要となる。しかし、ZOZOFITであれば、自宅やジムなどに計測用の特殊な器具を置くことなく、自身の体型の3Dモデル化が可能となる。

専用アプリ内に、過去の体型計測データや、計測データに基づいて生成された身体3Dモデルデータを記録し蓄積することができるため、過去と現在の身体3Dモデルを比較したり、数値データの変化をグラフで確認することが可能。蓄積されたデータは、アプリ上で簡単にシェアすることができるため、トレーナーや一緒にワークアウトをおこなっている仲間に自身の身体3Dモデルをシェアしてアドバイスをもらうなど、様々な活用ができる。

ZOZOFITでは、小さな体型変化を見逃さず、より楽しく効率的なワークアウトの継続をサポートし、将来的には、体型計測情報以外にも心拍や運動強度などの身体メトリクス全般を取り込んでいく予定。また、「データから生み出されるシミュレーションアルゴリズムなどの開発にも取り組んでいきたい」と述べている。加えて、身体メトリクスの情報や、ユーザーからの改善ニーズを蓄積していくことで、個々人の状況に合わせた関連サービスや商品を推奨・販売するマーケットプレイスとしての展開も視野に入れている。

ZOZOFIT
https://zozofit.com/


他のBTFオリジナル記事を探す