オンラインのフィットネス業界誌

2022年8月2日 業界ニュース

全国98店舗展開のフィットイージー、独自の管理システムにLINEを連動させ顧客体験を向上

全国に24時間型フィットネスクラブを展開するフィットイージー株式会社は、独自で運用する顧客管理システムと、10代から50代で90%以上の国民が利用するLINEを連動させ、会員の利便性をさらに高めた新サービスを導入する。

フィットイージーでは、スマートフォンを活用した「マイページ」のサービスをすでに導入している。今回、LINE連動のサービス導入により、新規入会の手続きや体験予約をLINE上で完結でき、登録後はそのまま来店、施設の利用が可能となる。

さらに、フィットイージー各店舗で導入している各種設備の予約、サブスクリプションで利用できる水素水やプロテインサーバーのQRコードをLINEの画面上で簡単に生成することができ、会員にとってより利便性が高まるサービスとなる。

また、LINEのメッセージ配信機能を活用し、お客様に合わせたお得な情報や役立つ情報をタイムリーに送信。会員ひとり一人と直接メッセージのやり取りもできるので、より深いコミュケーションの実現が可能となる。

フィットイージーは「今後は、上記のサービスに留まることなく、LINEの特性を最大限活用してより緻密なサービスを提供するとともに、さらなるお客様満足度向上のための施策を検討、導入してまいります。」と述べている。

フィットイージーは、2022年7月30日時点で全国に98店舗を展開。入会店舗や地域に関係なく、自宅や会社の近く、出張・旅行先のすべての店舗の利用が可能。24時間365日いつでも利用でき、早朝でも深夜でもライフスタイルに合わせたトレーニングができる。

フィットイージー
https://fiteasy.jp/