オンラインのフィットネス業界誌

2022年10月5日 業界ニュース

北九州に24時間型「ハピサフィットネス」がオープン

株式会社ハピサは、24時間ジムとプライベートサウナを併設したフィットネスジム「ハピサフィットネス」を11月1日に北九州市戸畑区にオープンする。

ハピサフィットネスは、1日20分で全身を効率的に鍛えられるAI搭載マシンを導入。利用者は5種類のプログラムから自分に合ったプログラムを選択する。プログラム選択後は、AIが利用者の目標や体型に合わせてマシンの高さ、負荷、回数などを自動調整し、利用者はAIの指示に従って1回2周のサーキットトレーニングを行う。トレーニング記録はスマホで管理される。

そのほかにも、インストラクターのレッスンが受け放題のバーチャルスタジオが利用できる。スタジオは完全予約制で、人目を気にせず、好きなレッスンが好きなタイミングで受けられる。1人では続けられそうにないという場合や、早く成果を出したいという場合には、パーソナルトレーニングが付いたプランも選択可能となっている。

また、セルフロウリュができる完全プライベートサウナも、北九州エリアで初めて導入する。サウナは1回70分の利用が可能となっている。施設1階にはカフェとコインランドリーを併設。トレーニング前後の食事が楽しめたり、トレーニング中に洗濯を済ませたりすることができる。

AI搭載サーキットマシン、マシンジムエリア、バーチャルスタジオが使い放題のライトプランは月額8,470円。月2回のパーソナルトレーニングが受けられるベーシックプランは月額9,500円(いずれも税込)。そのほか、月2回のパーソナルトレーニングと月2回のプライベートサウナが使用可能な「ゴールド」プラン、プライベートサウナが月2回あるいは月4回使用できる「サウナⅡ」「サウナⅣ」などのプランもある。

ハピサフィットネス
https://hapisafitness.jp/studio/tobata/