2022/05/23

ネットでサービスが売れる「MOSH」登録クリエイター数が5万人を突破

MOSH株式会社は、 ネットでサービスが売れる個人ブランド支援サービス「MOSH」において、2022年5月に登録クリエイター数が前年同月比の1.6倍以上に伸び、5万人を突破したと発表した。

MOSHは、ネットであらゆるサービスをカンタンに売ることができるストアフロント型サービスECプラットフォーム。ホームページ・予約・決済・月額サブスクリプション・回数券・クーポンなどの機能をスマホで簡単に作ることができ、顧客管理やデジタルコンテンツの販売なども行うことができる。2022年5月時点で登録クリエイター数は5万人を突破。ヨガ・フィットネス・美容・音楽・料理・キャリア・育児・占いなど、200業種を超えるユーザーが利用している。

SNSでの個人の情報発信が一般化した昨今では、個人のもつ権威性・信頼性・専門性が年々高まっており「個の時代」といわれている。さらに、働き方改革関連法の施行により、副業・兼業などの働き方の多様化も促進されている。これらの背景から、個人がもつアセットを様々な形でサービス提供することが、社会的に定着してきており、副業・兼業でも継続的に売上を伸ばしていくことが実現しやすくなった。

MOSHでは、このような社会潮流に加え、複数のサブスクプランを設定できる機能や収益分配機能をはじめとする、MOSHクリエイターの収益を最大化させるための機能開発に注力することで、着実に登録クリエイター数を伸ばしてきた。

MOSHでは個人・スモールチームによるサービスが続々と誕生している。直近6ヶ月以内にMOSH上で公開されたサービスの中には「飲食店の月額会員となり支援できるサービス」「フォロワー10万人超のインフルエンサーによるSNSコンサル」「里親募集型の保護猫カフェのオンラインサロン」などがある。直近ではオンラインサービスに限らず、オフラインの店舗利用の事例も増加している。


他のBTFオリジナル記事を探す