オンラインのフィットネス業界誌

2022年9月30日 業界ニュース

RIZAP、コンビニジム「chocozap(ちょこざっぷ)」を開始

RIZAP株式会社は、RIZAP初の運動初心者向けのコンビニジム「chocozap(ちょこざっぷ)」をオープンする。chocozapは現在、都内を中心に地方都市を含む105店舗を展開している。さらに、2022年12月末までには200店舗、2023年3月末までには300店舗を目指す。

健康寿命の増進のためには、運動を毎日の生活に定着させて習慣化していくことが重要であるが、日本のフィットネス人口の比率はまだまだ低い。そこでRIZAPは、過去10年で培った知見をもとに、運動習慣の阻害要因である「物理的ハードル」「心理的ハードル」「金銭的ハードル」を解消することで、誰もが運動を継続しやすい新業態のコンビニジム「chocozap」を立ち上げた。

chocozapでは「ラクに続けられる。結果、痩せられて、健康になる。」をコンセプトとし、ハードすぎない、誰でも簡単に取り組める「1日5分のちょいトレ・健康習慣プログラム」を提案。全ての利用者に「体組成計」と「ヘルスウォッチ」をスターターキットとして無償提供することによって、日々の健康数値を記録する。ライフログデータを蓄積し、AI(人工知能)を搭載した専用アプリがパーソナルトレーナーの代わりに、目標に合わせたトレーニング内容をアドバイスする。

入会金・事務手数料は5,000円、月額料金は3,278円(全て税込)。24時間営業で、全店使い放題となっている。着替えや靴の履き替えは不要。一部店舗では要予約で、セルフエステ・セルフ脱毛使い放題、ゴルフ練習し放題のサービスも受けられる。入会・退会をはじめ、入退館もアプリで完結。chocozapのTVCMは、10月17日から関東・関西エリアで放送予定となっている。

chocozap(ちょこざっぷ)
https://chocozap.jp/