2021/06/10

東急スポーツオアシス ミッションおよび経営戦略を刷新

株式会社東急スポーツオアシスは市場環境の変化を受け、企業ミッションと経営戦略を刷新したと発表した。新たな企業ミッションは「Well-being First!」で、これまでの「ジム運営会社」から「ウェルビーイング総合カンパニー」へ業態変革する。

経営戦略の刷新では、4%と言われるフィットネス参加人口(スポーツジム利用者)だけでなくあらゆる消費者のウェルビーイングを実現するため「フィットネスクラブ事業+その付帯事業」という構造を捨て、①フィットネスクラブ事業(店舗型)、②ホームフィットネス事業、③デジタルヘルス事業(WEBGYM等)、④BtoB/BtoG(健康経営コンサルティング)の4事業(セグメント)に再編する。

ホームフィットネス事業では、2020年の売上は昨対比2倍に成長しているなど数値面の進捗についても発表されており、またBtoB/BtoG(健康経営コンサルティング)については2020年の同社HP閲覧数が昨対比180%増になるなど成長性についてもアピールしている。

FOLLOW US
BEHIND THE FITNESSの最新情報を受け取れます

FOLLOW US

BTFの最新情報をチェック


他のBTFオリジナル記事を探す